うつ病と上手に向き合う為の治療方法と対応・対策方法

  1. ホーム
  2. うつ病に良い食材

うつ病に良い食材

カウンセリング

うつ病に効く食べ物とは。

うつ病に効果があるとされているのが「セロトニン」です。セロトニンは、幸せのホルモンとも言われていて、たくさん分泌されると自律神経の乱れを整えてくれる効果があります。しかし、セロトニンは食材から直接摂取できるものではなく、セロトニンを作り出す必須アミノ酸の「トリプトファン」という栄養素からできるものです。よって、セロトニンをたくさん作り出すにはトリプトファンをたくさん含んでいる食材を積極的に食べるようにしましょう。食事は、自然の治療方法でもあります。他にも、ビタミンB群もうつ病から脱出させてくれる栄養素なのです。トリプトファンとビタミンB群を毎日摂取していれば、体の中にセロトニンがたくさん作られて、うつ病に勝てるようになります。では、トリプトファンとビタミンB群がたくさん含まれている食材について紹介していきましょう。この2つを多く含んでいる食材とは、魚類・豆類・野菜・キノコ類・果物です。毎日の食事に、これらの食材を使った料理を食べるだけでも効果はあります。しかし、これらの食材ばかり食べるという偏った食事は、あまり良くありません。他の食材と一緒に食べる方が、より健康な身体にする事ができるのです。
うつ病の度合いによって、食べられる量も決まっています。少しの食事量に、魚類・豆類・野菜・キノコ類・果物を食べる事によって、少しずつ症状が改善されている場合もありますが、本人の体調に合わせてゆっくり食事をさせてあげるのが一番大切です。うつ病の度合いに関係なく、食事による自然の治療方法を積極的に取り入れるようにしましょう。

どうして、セロトニンを摂取する必要があるのでしょうか。

セロトニンは「三大神経伝達物質」のひとつで、脳内に情報がスムーズに行き渡るように働きかける役割を持っています。「三大神経伝達物質」には、セロトニン以外にもドーパミン、ノルアドレナリンがあるのです。それぞれ、異なった役割を持っていて、ドーパミンは快感、喜び、攻撃という感情に働きかけます。ノルアドレナリンは不安、恐怖、怒り、意欲という感情に働きかけているのです。セロトニンは精神安定、意欲という感情に働きかけます。これらの感情がバランス良く整っている事で、私達は不自由なく感情を自由に表現できるのです。中でも、セロトニンは精神を安定させるブレーキの役割を持っていますので、ドーパミンやノルアドレナリンが活発になったとしても、セロトニンが抑えてくれる働きをしてくれるので、バランスが取れているといっても良いでしょう。しかし、うつ病を発症してしまうとセロトニンの分泌が弱くなって、精神を安定させる事が出来なくなってしまいます。その結果、ドーパミンやノルアドレナリンが活発になってもブレーキをかける事が出来ずに、身体が疲れてしまうのです。セロトニンをバランス良く分泌してくれる薬は処方してもらえるのですが、必ず専門医師の治療を受けないと処方してもらえません。

うつ病患者さんに良い食事とは。

これらの事から、うつ病を発症してしまった場合は、トリプトファンがたくさん含まれている食材を摂取する必要があるのです。食材を使って、うつ病の人が食べられやすいようにするには、「地中海式食事」と「和食」が一番良い食事になります。逆に、加工食品の多い「西欧式食事」は良くないようです。「地中海式食事」と「和食」は、主に健康的な野菜類、果物、豆類、魚介類、穀物など身体の消化に優しく、バランスのとれた食事ができるので、食べやすくトリプトファンを含む食材をふんだんに使っているのでとても良いのです。食事による自然の治療方法を、取り入れるのも効果があります。