うつ病と上手に向き合う為の治療方法と対応・対策方法

  1. ホーム
  2. うつ病の診断方法

うつ病の診断方法

植物

うつ病を診断する基準とは。

うつ病を発症してしまったかもしれないと思ったら、一度、うつ病を診断する基準に沿っていくつ当てはまるのかチェックしてみましょう。項目に当てはまる数が多いと、うつ病を発症している可能性がとても高くなります。しかし、うつ病の症状だと思っていたのが、実際は違っていたという事もありますので、しっかり見極めなければなりません。うつ病を診断する基準に沿ってチェックする前に、押さえておいて欲しいポイントがあります。それは、「症状が1週間~2週間以上も続いているかどうか」です。これは、うつ病の診断を行うにあたってとても重要なポイントになります。本当にうつ病を発症しているのであれば1週間~2週間以上も症状が続いている傾向があるからです。もし、1週間~2週間以内に症状が治まったのであればチェック項目の対象外となりますので注意しましょう。

一般的なうつ病の診断基準。

うつ病を発症してしまうと、全ての事に対して無関心・無気力状態になります。そして、常に憂うつな気持ちが続いてしまうのです。他にも次のような症状が現れてきます。①中々寝付けず、不眠状態が続く②食欲が無くなる③少し身体を動かしただけで直ぐに疲れてしまう④判断力・思考が低下するので、考えがまとまらず、効率よく行動する事ができない⑤「自分は何をやってもダメだ」と自分を責め続ける⑥集中力が低下する⑦常に「死にたい」と思うようになる。以上の項目に当てはまる数が多いと、うつ病を発症している可能性がありますので、直ぐに専門医がいる心療内科に行って診察をしてもらい、適切な治療を行ってもらうようにしましょう。早期に治療を始めれば、回復するのもはやくなりますし、少しでも早くうつ病から脱出できるようになるのです。

「うつ病」と「適応障害」は症状が似ている。

うつ病の診断基準で、間違いやすいのが「適応障害」です。適応障害もうつ病の症状と非常に似ているので、区別が付きにくいとされています。発症する原因は、どちらも「過剰なストレスによって自律神経が乱れてしまったのかどうか」だからです。ストレスを受け続けると、副交感神経の働きが徐々に弱まってしまいますので、身体をリラックスさせる事ができません。そうすると、余計に身体が疲れてしまいますので悪い方向へと、どんどん進んでしまいます。その為、うつ病や適応障害を発症してしまうのです。しかし、これらの違いを示すボーダーラインがありません。よつて、専門医でも直ぐに判断するのは難しいので、経過やいつ頃から発症したのか、発症する前の生活スタイルはどうだったかなどを聞いて診断する事が多いのです。
ほとんどの専門医がうつ病と適応障害を判別する唯一の基準として、治療の経過と共に「ストレスになっている原因を解決しても、症状は変わらないかどうか」があります。適応障害の場合、ストレスの原因が解決したら時間と共に症状が改善されていくのです。一方、うつ病の場合だとストレスの原因を解決しても症状が良くなる傾向が見受けられません。この違いを見極めるためにも治療する時間を見ていかなければならないので、完全に回復できるようにする為には、やはり時間が必要です。